Quality 品質

COCOSUMA こころ躍る、住まい

「こころ躍る、
住まい」5つの思想

日々の生活の「あったらいいな」が、

たくさんつまった住まい。
毎日に時間とゆとりが増え、

生活が輝き始める。
そんなことが、いつの間にか

当たり前に感じることができる。
毎日の感動を、「こころ躍る、住まい」。

もっと収納

もっとたくさん、
キレイに片付く

収納にちょっとしたアイディアを加えて、もっとしまえてもっと片付く。ゆったりしまえる満足感も、見せる収納としての楽しみも。

ぱぱっと家事

キレイにラクに、
そして楽しく

家事は、ぱぱっとできると、もっとラクに、もっと楽しくなる。時間ができることで、生活がもっと豊かに。

ずっと安心

ずっと過ごせる
計画や設備

安心・安全な毎日を過ごすためにも、設備や環境は大切。家族が増えても、年をとってもずっとこの場所で。

ちゃんとECO

いつもの生活に
省エネを標準に

設備はスタイリッシュだけれど、きちんとエコ。しっかり省エネで、家族にも環境にも優しさを。

ホッと
コミュニティ

どんな場面でも
人とのつながりを

お客様の声に耳を傾け、常に商品改善を。人とのつながりによる、安心、安全をご提供

安心・快適を支える建築構造。

標準貫入試験 概念図

綿密な地盤調査

基礎工法を最適にするため、入念な地質調査を実施。標準貫入試験や土のサンプリング採集等を実施します。

拡底部 概念図

『アースドリル拡底工法』
(現場造成杭)による支持杭を採用

着工前に綿密な地盤調査を実施し、安定性をチェック。その上で万が一の地震にも配慮し、地盤面下約13.0mにある強固な支持層に、※BCJ認定の「アースドリル拡底工法」により杭を7本打設します。軸径約130㎝の場所打ちコンクリート杭を地下に埋設し、建物をしっかりと支えます。
※BCJ認定:一般財団法人 日本建築センターによる認定
※一部除く

コンクリート強度 概念図

コンクリート強度

躯体には設計基準強度Fc=33N/m㎡以上のコンクリートを採用しています。(一部除く)

※33N/m㎡以上の設計基準強度のコンクリートとは単位面積(1㎡)あたり約3,300t(トン)の圧縮に耐える強さのコンクリートを意味します。

水セメント比とは、コンクリートに含まれる水とセメントの質量比。この値が小さい程、中性化が進みにくい「耐久性の高い」コンクリートになります。

コンクリートの劣化防止対策

セメントに対する水の質量比を50%以下に抑えることで、コンクリートの耐久性を向上。(一部除く)

ダブル配筋 概念図

ダブル配筋

地震時に建物に掛かる水平力がもっとも高い耐震壁などの主要構造部には、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。(一部除く)

かぶり厚 概念図

充分なかぶり厚

かぶり厚を建築基準法で定める厚さより約10mm以上厚めに設計しています。(一部除く)

壁構造 概念図

遮音性・断熱性に優れた壁構造

戸境壁は約180mmのコンクリート壁もしくは、約136mmの乾式耐火遮音壁としております。住戸間の音漏れを抑え、遮音性にも優れた構造です。(一部コンクリート下地の上にクロス貼り)

パイプスペース 概念図

パイプスペースの遮音

パイプスペース壁にはプラスターボードを二重張りし、グラスウールを充填。排水管にはグラスウールを巻き、音漏れを防ぎます。(一部除く)

24時間低風量換気システム 概念図

24時間低風量換気システム

24時間換気システムにより、新鮮な外気を常に取り入れ、室内環境を快適に保つことができます。

二重床・二重天井 概念図

二重床・二重天井

下階への生活騒音の軽減を実現する二重床・二重天井工法を採用。居室床のスラブ厚約200mm(2Fのみ180mm)を確保し遮音性の高い室内を実現しました。

毎日の暮らしに安心をもたらす確かなセキュリティ。

トリプルセキュリティ来客時 概念図

トリプルセキュリティ

エントランス、エレベーターホール、玄関前のトリプルセキュリティを採用し、暮らしの安全を守ります。

ALSOK

「ALSOK」の
24時間監視システム

信頼のセキュリティシステムに豊富な利便機能を付加。ご家族の安心を24時間・365日守り続け、何よりも大切な「安心」をお届けいたします。

カラーモニター付ハンズフリーインターホン 参考写真

カラーモニター付
ハンズフリーインターホン

受話器を持たずに会話ができる便利なハンズフリーインターホン。集合インターホンでカラー映像・音声の確認が可能です。

防犯カメラ 参考写真

防犯カメラ
(一部リース対応)

共用部には防犯カメラを設置。不審者の侵入を未然に防ぐ、高水準な防犯システムで暮らしをしっかりガード。

ノンタッチキー

ノンタッチキー

キーのタグを集合玄関機、一階エレベーターホールのセンサーにかざすだけでオートロックの開錠ができます。